アデコグループのスプリング就活エージェント

2020年卒業予定の方

株式会社梅田芸術劇場

阪急阪神グループ 舞台にかかわる仕事をしよう!

梅田芸術劇場は、1,905席のメインホールと898席のシアター・ドラマシティの2つの劇場からなり、株式会社梅田芸術劇場はそれら劇場の管理運営、貸館業務を始め、主催公演の企画制作・上演・チケット販売、宝塚歌劇団のOGのプロダクション事業などを行っています。

今回、株式会社梅田芸術劇場では、劇場施設の運営・管理、各種公演の企画・制作、営業・チケット販売などを行うメンバーを大阪と東京で募集しています。

エンターテイメントに関わる業界で、やりがいや楽しみを感じながら働いてみませんか?皆さまのご応募お待ちしております。

申し込みフォームへ

企業概要

社名
株式会社梅田芸術劇場
企業ホームページ
http://www.umegei.com/
設立
2004年10月
資本金
10百万円
従業員数
69名(2019年1月1日時点)
事業内容
所有する2つの劇場(梅田芸術劇場メインホール、シアター・ドラマシティ)の運営及び管理、ミュージカル・演劇・コンサートなどの興行及び企画・制作・運営、所属アーティストのマネジメントほか

募集要項

職種
当社は職種別採用は行っておらず、各人の適性・能力に応じて企画・制作、営業、管理等の職種に配属します。
業務内容(概要)

※各部署の詳細な業務内容は下部を参照ください

劇場施設の運営・管理
ミュージカル・演劇・コンサートなどの企画・制作・運営
チケット販売・セールスプロモーション・顧客管理
貸館の営業・運営
対象者
2020年3月に4年制大学・大学院を卒業見込みの方
勤務地
本社:大阪市北区茶屋町19-1
東京事業部:
東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
勤務日・勤務時間
10:00〜19:00
担当業務により曜日時間のシフト勤務有り
休日:年間104日
有給休暇、慶弔休暇、育児・介護休暇
給与
初年度:月給185,000円(昇給年1回・賞与年2回)
雇用形態
正社員
試用期間
6ヶ月間
諸手当
時間外手当、役職手当、通勤交通費全額支給
福利厚生
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険ほか
業務内容(詳細)

各部署の概要及び主な業務内容は以下の通りです。

〈大阪本社〉

劇場営業部

公演営業担当として、梅田芸術劇場にて上演される作品の観劇をお客様に提案します。営業先には学校や企業等の団体があり、先方の観劇時期や人数、予算を把握した上で、どの演目であれば要望に応えられるかを提案します。成約となれば、チケット送付や劇場下見を通して観劇当日までのフォローを行います。また、団体営業のみならず、個券の販売施策を検討しています。過去の類似公演をもとに担当公演の稼働状況を分析・予測し、必要に応じて社内外と連携をとりながらノベルティプレゼントやバックステージツアー等のイベントを企画・実施し、一般のお客様にチケットを購入してもらえるような仕掛けを作ります。このように「今、形として存在しない」作品をお客様に届けるために、相手のニーズを汲み取り多様な手法を通じて期待に応えていくやりがいがあります。

企画営業部

公演制作担当は、各公演の共催各社等の関係者と連携しながら、公演の販促・PR活動を実施するとともに、劇場への搬入期間から公演期間にかけて円滑な公演現場を守ることが主な役割となります。具体的には、劇場スケジュール調整や公演回数の決定等から始まり、宿泊や食事の手配、現地スタッフやアルバイトの確保等の公演運営管理を行います。営業・チケット・広報等、それぞれの担当者を繋ぎとめる司令塔となって、公演制作の川上から川下までを俯瞰しつつ関わることができる点が魅力的です。
また、広報宣伝担当はテレビ・ラジオ局等にキャストの番組出演を依頼したり、雑誌・新聞の取材を調整し、各公演の宣伝に努めます。また、阪急梅田駅やJR大阪駅をはじめとした近隣ターミナルへの交通広告媒体の打ち出しや、新聞への広告出稿など、様々な公演プロモーションを戦略的に展開します。

経営管理部

総務、人事、経理、法務、劇場メンテナンス等、会社全体の業務が円滑に進むよう、幅広い業務を横断的に行っています。

〈東京〉

東京事業部

制作担当、広報・営業担当、マネジメント担当があり、東京で上演される弊社制作公演に関する業務を担っています。

制作担当は、企画・制作の全てを当社が担う「自主制作公演」のプロデューサーとして活躍しています。企画の立ち上げから、作品に相応しいキャスト・スタッフの選定、美術・照明・音響等のプラン打合せを行い、稽古が始まれば、演出家・スタッフ・キャストの様々な要望に応えられるよう関係各所との調整を行います。企画立ち上げから、公演の大千秋楽までを見届けるのがプロデューサーの仕事です。制作担当には、多岐にわたる分野の知識が必要とされ、また、多数の関係者と協力して舞台を制作していく必要がありますが、無事に公演が成功し、千穐楽を迎えることができたときの喜びは格別です。

営業担当は、東京地区の団体営業を行います。本社が所在する大阪と比較すると「梅田芸術劇場」の知名度は低く、その中でミュージカルファン以外の団体様に向けて提案を行っていく難しさがあります。営業担当は、まず当社が所属している「阪急阪神東宝グループ」や馴染み深い「宝塚」といったコンテンツを説明し、先方との良好な関係性を築いていくことから始めます。また、上演作品発表前から制作担当と緊密に連携しつつ、一切のチケット販売工程管理を担い、公演期間中は実際に劇場のロビーでお客様対応も行いながら幅広く券売をフォローしています。
広報宣伝担当は、大阪と同様の業務のほかに、稽古場取材を手配することで作品が創られていく様子をレポートしたり、公開舞台稽古に報道関係者を招待したりすることで、より多くのお客様に訴求するような公演宣伝を展開しています。

マネジメント担当は、当社に所属するアーティストのマネジメント業務を担い、スケジュール管理や各種イベントへの出演交渉等を行います。各種番組・イベントへの出演交渉や関係者への挨拶回り等の営業活動を通して所属アーティストの信用を築き上げることも大切な仕事の1つです。アーティストとともに大きな仕事を成し遂げた瞬間や成長していく姿を目にした時の感動は何にも代えがたいものです。

選考スケジュール

選考スケジュール
  • WEBエントリー(4月中旬締切)
  •  ↓
  • Spring就活エージェント(アデコ)での会社説明会
  • ※詳細は下記エントリー後、ご確認ください。
  •  ↓
  • 書類選考
  •  ↓
  • 1次面接
  •  ↓
  • 最終面接
  •  ↓
  • 内定通知

説明会スケジュール

開催日時

下記日程よりご都合の良い日時を選択し、エントリーしてください。

【大阪】

  • 第1回 3月15日(金)10:00〜
  • 第2回 3月15日(金)14:00〜
  • 第3回 3月20日(水)14:00〜
  • 第4回 3月22日(金)10:00〜
  • 第5回 3月27日(水)10:00〜
  • 第6回 3月27日(水)14:00〜

※大阪会場につきましては、キャンセル待ちを承っております。
ご希望の方は、申し込みフォームで
「【大阪】キャンセル待ちをする」を選択してください。
キャンセルが出ましたらご連絡いたします。

【東京】

  • 第1回 3月14日(木)10:00〜
  • 第2回 3月14日(木)14:00〜
  • 第3回 3月19日(火)10:00〜
  • 第4回 3月19日(火)14:00〜

※所要時間は2時間程度です。

持ち物
  • 学校指定の履歴書
  • ご本人確認書類(学生証・運転免許証他)
  • 筆記用具
服装
自由
会場
【大阪】
グランフロント大阪タワーA (南館)14F 【東京】
〈秋葉原〉
秋葉原UDX 8F(南ウィング)

先輩社員の声

東京事業部 制作担当
西村 渉さん
2014年入社

-これまでどのような業務を担当されてきましたか?

現在入社5年目の私は、初めの3年間は大阪本社の企画営業部に在籍し、昨年の5月に東京事業部へと異動になりました。大阪本社の企画営業部では制作担当として、メインホールとシアター・ドラマシティの貸館運営や、他社制作演目の大阪公演主催として、予算管理、セールスプロモーション、公演現場の進行・管理など、興行に関わる業務を横断的に担っていました。梅田芸術劇場では様々な演目が上演されているものの、実は本社では作品の企画立案・立ち上げはあまり行われておらず、異動後に初めて、東京事業部にて「中身(=作品)を作る」仕事に関わりました。こちらでは当社が企画・制作の全てを担う「自主制作公演」の制作業務を行っています。プロデューサーという立場を与えられ、企画が立ち上がればまずは、作品に相応しいキャスト・スタッフを決めていきます。次の段階では、演出家をはじめ様々なスタッフと共に、美術や照明、音響プランを打ち合せます。さらに稽古が始まれば、キャストも交えて作品の内容を吟味していきますが、時には連日夜中までの打合せや作業が続く事もあり、正直大変なことも多いです。約1ヶ月の稽古を終えた後は劇場へ入り、初日まで毎日、分刻みで組まれる舞台稽古スケジュールを縫いながら内容の打合せをしたり、券売状況の把握や必要に応じて販売促進案の検討・実施等を行っていきます。そして無事に初日を迎えられた後は、様々な問題にすぐ対応できるよう日々劇場に通い、大千穐楽を見届けています。
我々の仕事は、キャストやスタッフとの信頼関係や真摯な向き合いを無くして成り立たないだけに、責任が重く、大変な事も多いですが、自分が携わり続けた作品がどのようにお客様のもとに届くのか、どのように受け取られるのかを実際に見ることができるのはこの仕事の醍醐味だと思います。

-これまでに得た知識や経験をどのように活かしていきたいですか?未来に向けて挑戦したいことは?

東京での制作業務に関わり始めたばかりでまだ知識や経験が身についている実感はありませんが、今後スキルが身に付けば、今まで当社が手掛けていない劇場で上演できるよう、どんどん新しい作品を自ら企画立案していきたいです。首都圏であれば2020年までの期間限定で設立された「IHIステージアラウンド東京」などの新劇場も魅力的です。さらに、当社の自主制作公演は基本的に東京・大阪のみでの上演のため、地方(東京・大阪以外の都市)での公演の実績があまりありません。国内において当社をより多くの方々に認知してもらうべく、札幌や博多などの比較的大きい地方都市をはじめ、東北や四国に足を伸ばす事業にも個人的には期待が持てると考えております。そのためにも作品選定が第一なので、様々な作品に対して選球眼を肥やすことにも注力したいです。

-学生の皆様へメッセージ

公演制作業務では多岐にわたる分野の知識が必要とされるだけに、どんな知識・経験でも意外と役に立つ事が多いのがこの仕事の特徴かもしれません。時間が許す限り、沢山の素敵な舞台作品や映画、音楽、漫画などのエンターテインメント作品に触れる事はもちろん、大学での勉強や旅行、飲食、私生活の炊事洗濯まで、色々な事に楽しみを見つけて、日常生活を送ってください。

劇場営業部 営業・劇場運営担当
堀池 理沙さん
2017年入社

-劇場営業部ではどのような業務を担当されていますか?

梅田芸術劇場では様々な公演を行っており、各公演に営業担当者がつきます。営業担当者の役割は、1人でも多くのお客様に公演をご観劇いただけるように営業方針や施策を検討し、関係各所との調整を重ねて実行に移していくことです。また、各販売チャネル(出演者のファンクラブやプレイガイドなど)で何枚チケットが売れるか、過去の類似公演をもとに担当公演の稼働状況を分析、予測することも重要な業務です。
私は入社前まで、観劇チケットは個人がチケットサイトで購入するイメージが強くありましたが、実際には団体のお客様も多くいらっしゃいます。
ここでの団体は、芸術鑑賞や課外授業などで当社へ来場する学校や、親睦会などで来場する企業などを指します。営業部の社員は、担当公演に加え、担当の団体先を持っています。担当している団体先へ足を運び、観劇時期や人数、希望の演目を伺いながら、ニーズに最も合った作品を提案しています。自分が提案した作品のチケットをご購入いただき、「梅芸で観劇してよかった、面白かった!」と、言われる時にやりがいを感じます。
もう一つ重要としている業務は、担当公演の販売促進です。公演の売上報告書を作成し、稼働状況を確認した上で、割引ペアチケットの企画やアフタートークショーの実施を制作担当者に依頼するなど、販売促進方法を検討します。例えば、割引ペアチケットを企画する際には、はじめに制作担当・チケット担当と連携して、販売価格や対象日程を決定します。そして、チケットぴあやイープラスなどのプレイガイドに上記条件を伝えて販売の委託をし、当社ホームページ運営会社に一般のお客様に向けての情報公開を依頼します。 このように、営業先に訪問するだけでなく、多様な業務を通して1人でも多くのお客様に足を運んでいただく仕掛けづくりをしています。

-業務でぶつかった壁は何ですか?また、それを乗り越えるためにどのように考え、行動しましたか?

梅田芸術劇場で上演している作品には、主催・共催・貸館という3つの形態があります。その中で共催公演は、他社と当社が出資し、利益とリスクを共に分担しながら1つの作品を運営する公演を指します。 公演を一緒に作り上げる共催者においても、有する価値観が異なるので、運営を行っていく際の難しさを痛感しました。例えば、テレビ局との共催公演を担当した際、団体先へのチケット手数料率の設定条件が相容れず、どのように折り合いをつけるべきか悩んだことがありました。そのような時は先行申込の状況や過去の公演データをもとに、営業としてどのように行動すべきか上長に相談します。その後、共催他社に対してデータを用いて意見を述べることで、両者の落としどころを見つけることができました。 このように、相手方の主張を闇雲に否定するのではなく、実績を基に互いの妥結点を見出すように心掛けています。

-入社前後で感じたギャップはありますか?

入社前は企業で働くということに対して、業務の仕方などについてルールが多くあり、規則に従うイメージが強くありました。しかし実際は、営業方法や提案する演目、団体の新規開拓先などに細かいルールはなく、自分で考えて動くことができる環境でした。もちろん、入社して半年間は研修があり、その期間で社会人としての基礎知識やマナー、基本的な営業の仕方などは先輩社員から教わります。営業の先輩全員に同行し、様々な営業スタイルを身近で学ぶ機会もありました。その上で、配属後は営業について自分で自由に考え、主体的に行動することができます。劇場営業部配属後すぐに、「リトル・ナイト・ミュージック」「ピーターパン」等の公演を任せていただきましたし、今では計30の団体を得意先様として担当しております。裁量権を持って業務を進められているので、非常にやりがいを感じます。

-学生の皆様へメッセージ

梅田芸術劇場は、ミュージカルやお芝居など様々な種類の演目を、メインホールとシアター・ドラマシティ2つの劇場で年間通してほぼ毎日上演していて、他にはない面白い劇場です。どのような企業にエントリーすれば良いか迷うかもしれませんが、私は素直に自分が面白そうだな、と思った企業の採用試験を受けるのが良いと思います。若いうちから多種多様な業務を任せてもらえる当社に興味のある方は、ぜひ説明会に足を運んでいただき、自分に合っているかを確かめてみてください!

過去公演

ベルサイユのばら45

宝塚歌劇団による日本初演から45周年!
宝塚歌劇版の歴代キャストが、時代を超えた愛と革命のドラマを辿るスペシャルステージ!

2019.1.27(日)〜2019.2.9(土)
東京国際フォーラム ホールC
2019.2.16(土)〜2019.2.24(日)
梅田芸術劇場メインホール

TOP HAT

アーヴィング・バーリンの名曲に載せて華麗に舞うタップダンス!
ローレンス・オリヴィエ賞3冠に輝き時代を超えて愛され続ける作品を、宝塚版、英国招聘版と続き、V6坂本昌行・多部未華子をはじめとした豪華実力派キャストで上演!

2018.11.5(月)〜2018.11.25(日)
東急シアターオーブ
2018.12.1(土)〜2018.12.5(水)
梅田芸術劇場メインホール

るろうに剣心

1994年に週刊少年ジャンプで連載開始後、シリーズ累計発行部数6000万部を超える大ヒットとなった人気コミック「るろうに剣心」。2016年、宝塚歌劇団によって舞台化され、当時大好評を博した早霧せいな演じる緋村剣心が、再び登場!松竹座との初の共同企画・制作案件となり、東京は新橋演舞場・大阪は松竹座にて待望の上演!

2018.10.11(木)〜2018.11.7(水)
新橋演舞場
2018.11.15(木)〜2018.11.24(土)
大阪松竹座

タイタニック

2015年日本公演に続く待望の再演 新演出版「タイタニック」
確かな腕と鋭い眼で作品を成功へと導いた演出家トム・サザーランドと幾多の名曲を創り出したモーリー・イェストンに、日本ミュージカル界を代表する豪華キャストが集結!

2018.10.1(月)〜2018.10.13(土)
日本青年館ホール
2018.10.17(水)〜2018.10.22(月)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

申し込みフォームへ

お問い合わせ

梅田芸術劇場新卒採用事務局
Spring就活エージェント(アデコ株式会社)

※株式会社梅田芸術劇場の新卒採用業務(募集、面接、選考など)は、Spring就活エージェント(アデコ株式会社)が受託しています。