言葉遣い

好印象を与える言葉遣いとは?

好感を持たれるためには、ヒューマンスキル(対人関係力)を高めることが重要です。敬語は、相手に敬意を表し、自分自身の品格も高めることができます。言葉遣いに注意して、ヒューマンスキルを高めましょう。

正しい敬語の使い方

尊敬語・謙譲語・丁寧語の正しい使い分けができるようになりましょう。

尊敬語
相手の動作や状態に敬意を表す表現。主語はお客さまや上司。
謙譲語
自分・自分の身内の動作・状態をへりくだって敬意を表す表現。
主語はわたくし(ども)。
丁寧語
相手を尊重し、ものの言い方を丁寧にする言葉。
「です」「ます」「でございます」をつける。
基本語 尊敬語 謙譲語
いる いらっしゃる・おいでになる おる
言う おっしゃる 申す・申し上げる
聞く お聞きになる うかがう・拝聴する・承る
する なさる・される いたす
行く いらっしゃる・おいでになる 参る・伺う・参上する
来る いらっしゃる・おいでになる・おみえになる 参る・参上する
見る ご覧になる 拝見する
食べる 召し上がる・おあがりになる いただく

よく使う言葉の言い回し

敬語の使い方を間違えると、教養がない印象を与え、信用に欠けてしまいます。正しい敬語を使って、良い印象を与えましょう。

わかりました かしこまりました・承知いたしました
知りません 存じません
すみません 申し訳ございません・失礼いたしました
すみませんが 恐れ入りますが
相手の会社 御社
だれですか どなたさまでしょうか・どちらさまでしょうか
ちょっと待ってください 少々お待ちくださいませ

ワンポイントアドバイス

緊張する場面では、日頃使っている言葉が出てしまいがちです。面接の場だけでなく、日頃から丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

就活ノウハウ に戻る

就活支援の経験豊かなコンサルタントが、あなたの就職活動を無料でサポートします