アデコグループのスプリング就活エージェント

就活対策マニュアル:就活マナー編 話の聞き方■好印象を与える話の聞き方とは?

会話では、相手の話をしっかりと聞くことはもちろん、話を真剣に聞いていることを伝えるために、聞き方を工夫することが大切です。

話を聞くときのポイント

相手の話を聞く際は、下記のポイントに注意しましょう。

  • 相手を見る
    姿勢よく、相手をしっかり見ることは、「あなたの話を聞いています」ということを示す方法の一つです。
    アイコンタクトをとることが基本ですが、相手が男性の場合は目から顎のあたりを、女性の場合は額から口元あたりを見るように、視線を変えてみましょう。
  • うなずく
    うなずきは、相手の視覚に訴える効果があります。相手の話すリズムに合わせてうなずくと自然です。
    動作を少し大きくするなどして、しっかりと聞いていることを表現しましょう。
  • 相づちを打つ
    相づちは、相手の聴覚に訴える効果があります。「はい」「ええ」だけでなく、相手の話の内容に合った相づちを上手に使い分けましょう。
    例:「そうですね」「さようでございますか」「私もそう思います」「すばらしいと思います」
  • メモを取る
    相手の話をしっかりと聞いていることを表すだけでなく、大切なことを聞き逃さない方法としても、メモを取ることは有効です。面接時などメモを控えたほうが良い場合もありますが、いつでもメモが取れるようノートは常に携帯しておきましょう。また、情報を正しく聞き取れたかを、相手が確認できるように、メモは復唱・確認するようにしましょう。
  • 質問をする
    相手が伝えたい事柄と自分の理解が一致しているかを確認することができるという意味で、質問は有効です。
    的確な質問は、相手の話をきちんと聞いていることを伝えることにもなります。

ワンポイントアドバイス

真剣に話を聞いている姿勢を見せ、相手に好感を持ってもらいましょう。少しの心がけで印象は大きく変わります。

就職活動対策マニュアル(就活マナー編)関連コンテンツ

就活支援の経験豊かなコンサルタントがあなたの就職活動を無料でサポートします。

「Spring就活エージェント」は、あなたの希望や適性に合った就職を実現するため、知識豊富なコンサルタントによるカウンセリングなどを通して、学生の方の就職活動をトータルにサポートするサービスです。カウンセリングや選考対策のアドバイスを受けながら、就職活動の幅を広げることが可能です。

Springに登録(無料):新しくウィンドウが立ち上がります



  • mixiチェック